RAV4・C-HR・VOXY 徹底比較します!!


今回はノヴェルとやまの人気車種であるRAV4C-HRVOXY徹底比較したいと思います!!

サイズ
全長   全幅   全高
RAV4 4600mm/1855mm/1685mm (除くAdventureグレード)
C-HR 4360mm/1795mm/1550mm
VOXY 4710mm/1735mm/1825mm (除くV,Xグレード)

ということで全長・全高はVOXYが大きく、全幅はRAV4が大きいということが分かります😄
小回りということであればC-HRが一番良さそうですね✨

排気量

RAV4 ガソリン 2.0L ハイブリッド 2.5L
C-HR ガソリン 1.2L ハイブリッド 1.8L
VOXY ガソリン 2.0L ハイブリッド 1.8L

パワーということであればRAV4のハイブリッドが良さそうですね🎵
自動車税を抑えたい方はC-HRのガソリンがお勧めですね😌

燃費

RAV4 ガソリン 15.2km/L ハイブリッド 20.6km/L (WLTCモード、共に4WD)
C-HR ガソリン 16.4km/L ハイブリッド 30.2km/L
VOXY ガソリン 16.0km/L ハイブリッド 23.8km/L

燃費で比較するとガソリン車はどれも同じくらいで、ハイブリッドはC-HRの燃費が良いですね!!

安全装備

RAV4
・プリクラッシュセーフティ
レーントレーシングアシスト
レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
ロードサインアシスト

C-HR
・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
レーダークルーズコントロール

VOXY
・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

ということで標準装備されている安全装備を比較しました✨
RAV4は新型車種ということもあって最新の安全装備が揃っていますね😋
今後の新型車も安全装備がどんどん充実していきそうですね🎵


これら以外にもよく耳にする安全装備がまだあります😏
そう!
踏み間違い時サポートブレーキ(ICS)です!!
こちらの装備はRAV4VOXYのほとんどのグレードに付いています✨
残念ながら、C-HRには付けられない装備なんです🙏

踏み間違い時サポートブレーキ(ICS)ノヴェルとやまで体験することが出来ます!!
しかも全店舗毎日体験出来るんです!!
予約での申込も受け付けておりますのでコチラから申込下さい🎵

価格帯
RAV4 2,608,200円~3,817,800円
C-HR 2,290,000円~2,979,200円
VOXY 2,509,920円~3,380,400円

価格帯だとC-HR < VOXY < RAV4 の順で金額が高くなりそうです💰
この金額だと一括購入は難しい😌そんなあなたにピッタリな買い方があるんです!!
詳しくはコチラから✨

ここまでサイズ排気量燃費安全装備価格帯の5つを比較しましたが、あなたはどれを重視してクルマを選びますか??
実際に見たり、乗ったりしないと分からないよ!という方はノヴェルとやまにお任せ下さい!!

ノヴェルとやまは5/18(土),19(日),「ノヴェルラインナップフェアを開催!😄

今回比較したRAV4C-HR・VOXY展示車をご覧いただけます🚗
RAV4VOXYは全店舗に試乗車もご用意しております!!

試乗試乗予約でスムーズにご案内出来ます!!

試乗予約コチラから✨

今週末もショールームにて皆様のご来店お待ちしております!!🎉


10/20(土),21(日)は「ヴォクのミニバンフェア」と「ノヴェルの日」


 

10/20(土),21(日)は「ヴォクのミニバンフェア「ノヴェルの日」でするんるん (音符)ぴかぴか (新しい)

 

「ヴォクのミニバンフェア」

家族に大人気のヴォクシーを全店舗に展示exclamation

お子様向けの組み立てて走れるヴォクシーのペーパークラフトや、来場プレゼントにママに嬉しいヴォクシーキッチンペーパーをご用意しています指でOKうれしい顔

 

「ノヴェルの日」

サービスご来店入庫のお客様に今月は、「ハロウィンボックスティッシュ(1個)」or「ハロウィンスポンジ(2個)」をプレゼントexclamationプレゼント

 

この土日は、ノヴェルとやまではプレゼントが盛り沢山exclamation

皆様のご来場を心よりお待ちしておりますわーい (嬉しい顔)

店舗情報はコチラからご覧下さいほっとした顔

https://netz-novel-toyama.jp/shop


掛尾店オススメ‼試乗車のご紹介✨


 

こんにちは!掛尾店です\( ˆoˆ )/
ドライブが気持ち良い季節になりましたね~皆様連休の予定は立てられましたか??

今日は掛尾店の試乗車を紹介したいと思います

 

谷口店長おすすめ!ヴェルファイア ハイブリッド Z


エアロ専用バンパーとサイドマットガードで圧倒的な存在感を演出
室内は黒のファブリックで高級感があります
Toyota Safety Senseが標準装備なのも嬉しいポイントです

 

営業の新井くんおすすめ!ヴォクシー ガソリンZS


広々とした室内で過ごしやすさも荷物の積み込みも◎
メッキ加飾付のフロントバンパーがかっこいいですね

 

営業の相澤くんおすすめ!C-HR G -T


デザインと走行性能を妥協なく突き詰めた、大人気のコンパクトクロスオーバーお色は重厚感溢れるメタルストリームメタリックです。
流れるように光る「シーケンシャルターンランプ」もついてます

 

フロントスタッフ川西のおすすめ!タンク カスタムG“S”


コンパクトカーでありながら広々とした室内が特徴両側パワースライドドアで使いやすさも抜群です!
マゼンタベリーマイカメタリックのお色もとてもキュート

 

実際に乗って、見て、運転して、各おクルマの良さを体感していただけたらと思います
ぜひ掛尾店に遊びに来てくださいね

 

▼試乗予約はコチラから
https://toyota.jp/service/dealer/spt/trial-list-car…

▼掛尾店アクセスはコチラから
http://netz-novel-toyama.jp/store/store_04_04.html

 


GR SPORT VOXYは”ココ”が違う‼《通常グレードとの比較》 


 

今月19日に発表になったばかりの新スポーツカーシリーズ「GR」

 

本日は、Y-town山室店に展示中の【GR SPORT VOXY】を、通常グレードと比較して、「ココが違う」という所をご紹介しますdouble exclamation

 

GR SPORTのベースはエアログレードの”ZS”

横に並べて比較するのは、【HV(ハイブリッド)Vグレード】標準ボディの上級グレードです。

今回は、『エアロ』『標準』の違いも盛り込んでご紹介致しますdouble exclamation

 

まずは正面から。

まず大きく異なるのは「専用フードモール」「フロントグリル」

GRはトヨタマークも外され、更に「ダークメッキ加飾付の大型バンパー」が付いています。

 

次に注目するのは、「ヘッドランプ」。

ハイブリッド Vグレード:「Bi-BeamLEDヘッドランプ」+「LEDクリアランスランプ」

GR SPORT:「オートレベリング機能付LEDヘッドランプ」+「LEDクリアランスランプ」

デザインが違うだけで、同じLEDヘッドランプでも随分印象が変わりますねひらめき

 

続いて「フォグランプ」。

こちらも同じくLEDですが、GRには「専用LEDイルミネーションビーム」を搭載double exclamation※フォグランプ下部

 

サイドには、それぞれ同じ場所に「専用エンブレム」。

 

タイヤはどうでしょうか?

 

ハイブリッド Vグレード:「15インチアルミホイール」

GR SPORT:専用メーカーオプション「18インチ専用アルミホイール」

ブラック塗装切削光輝という手法を用い、更にレッドラインのレーザー加飾が施されているのが特徴ですぴかぴか (新しい)

更にGRは、ブレーキキャリパーも「ホワイト塗装 GRロゴ付(フロント)」

 

続いて、サイドから。

こうしてみると、GRは「大型サイドマッドガード」が装着されているのが良く分かりますねexclamationこちらは、ベースのエアログレードZSに装備されます。

 

そして、リヤデザイン。

大きく異なるのはGRの「専用リヤ大型バンパー」。通常から大型化するだけでなく、GR専用のブラック加飾がされています。

そして、リヤにもそれぞれの「専用エンブレム」。

 

続いて内装へ。

 

ハイブリッド Vグレード:「ハイグレード ファブリック」

消臭能力と即効性が高い、消臭機能付シート表皮を採用。デザインもグレードにより異なります。

GR SPORT:「専用スポーティーシート」

GRエンブレム付で、更にメイン部には”ブランノーブ”という高品質な革を再現した滑らかな触り心地のファブリックを採用。サイドは合成皮革で、シルバーステッチがアクセント。

 

それぞれ、ハイブリッドとGR専用のスタートスイッチ。

ハイブリッド Vグレード:「エレクトロシフトマチック」

GR SPORT:「本革巻きシフトノブ」

ハイブリッド Vグレード:「ハイブリッド専用オプティトロンメーター」

GR SPORT:「高輝度シルバーパネル+レッド照明+GRロゴ付 専用オプティトロンメーター」

GR SPORT:「アルミペダル(アクセル・ブレーキ)」

GR SPORT:「スエード調ファブリック巻き 助手席オープントレイ」

ハイブリッド Vグレード:「本革巻き3本スポークステアリングホイール」

GR SPORT:「専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+GRエンブレム)」

 

いかがでしょうか?

まず、ベースグレードが”標準””エアロ”の2種類ある事ひらめき

そしてGR SPORTは、更に専用のオプションでデザイン性・機能性が異なる事ひらめき

以上の2点の違いは分かりましたでしょうか?

 

他にも、目には見えないフロア下や、ボディ剛性サスペンションなど、GRシリーズだからこその、スポーティーな走り”を実現してくれる機能が詰まっていますグッド (上向き矢印)

 

現在Y-town山室店には、GRシリーズとして【GR SPORT VOXY】【GR Vitz】を展示しております。

是非通常のグレードと見比べて、比較してみてはいかがでしょうか目exclamation and questionぴかぴか (新しい)

 

ご来店、お待ちしておりますdouble exclamation

ノヴェルとやま各店舗へのアクセスはコチラから➡http://netz-novel-toyama.jp/store/store_list.html


《TOYOTA 新スポーツカーシリーズ「GR」 本日公開》


 

《 TOYOTA GRシリーズ 本日公開 》

~すべての人に、スポーツカーの楽しさを~

本日、トヨタの新スポーツカーシリーズ”GR”が発表されました。

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/

ニュルブルクリンク24時間耐久レースや全日本ラリーなど、世界中のモータースポーツで活躍する「TOYOTA GAZOO Racing」が新たに立ち上げたブランド。

走る事を通じて”クルマを楽しむ文化”を育てたい

そんな想いから、車両のラインナップカスタマイズパーツを充実させる等、幅広いお客様に楽しんでいただけるようにシリーズ化されました。

 

当社からは、

ヴィッツ GR、ヴィッツ GR SPORT、プリウスPHV GR SPORT、ヴォクシー GR SPORTが本日同時発売

http://toyotagazooracing.com/jp/gr/lineup/

ヴィッツGR

pic_front_pc
pic_side_pc
pic_mainvisual_pc
pic_graphic03_pc

ヴィッツGR SPORT

pic_front_pc (1)
pic_side_pc (1)
pic_mainvisual_pc (2)
pic_mainvisual_pc
pic_mainvisual_pc (1)

プリウスPHV GR SPORT

pic_front_pc (2)
pic_side_pc (2)
pic_mainvisual_pc (3)
pic_graphic04_pc

ヴォクシーGR SPORT

pic_front_pc (3)
pic_side_pc (3)
pic_mainvisual_pc (4)
pic_graphic08_pc

 

展示車も只今準備中double exclamation皆様に現車をお見せできるまで、もう少し・・・あせあせ (飛び散る汗)

準備が整い次第、写真も含めてご紹介致しますので、どうぞお楽しみにほっとした顔ハートたち (複数ハート)

GRブランド詳細ページはコチラからひらめき