新型Vitz 1/12ハイブリッドモデル遂に発売開始!


ひらめき大注目ひらめき ぴかぴか (新しい)新型車情報ぴかぴか (新しい)

数あるコンパクト車の中でも、強い存在感を放つヴィッツ

1999年の発売より、これまで3度のモデルチェンジを経て、多くのお客様にご支持を頂いてきました。

 

皆様も「ヴィッツ」と聞けば、イコール「親しみやすい」というイメージではありませんか?

これまでのヴィッツをご覧になる中で、様々な印象をお持ちのことと思いますが、実は今回のヴィッツは一味違いますdouble exclamation「親しみやすい」王道のイメージから、「個性・自分らしさ」を表現できる新たなイメージへと進化しましたグッド (上向き矢印)

是非今日は皆様に、一段と進化した「Newヴィッツ」をご覧いただきたいと思います目ひらめき

carlineup_vitz_exterior_top_pic_05_01_pc

 

今回の変化のポイントは大きく2つ。

1つが、「多くの競合車の中でも個性際立つ外観スタイル」

もう1つが、「先進性と環境性能向上を目指したハイブリッドの設定」です。

 

まず1つ目が、「個性際立つ外観スタイル」

デザインのキーワードは「アクティブ・ダイナミック&リファインメント」。

carlineup_vitz_exterior_top_pic_08_05 (1)

2014年に元気でスポーティーなデザインへ一新しましたが、今回更なる「躍動感」「洗練」を与えたことで、より強い印象となりましたダッシュ (走り出すさま)

 

ダウンロード (1)

フロントフェイスはワイド&ローを表現しながら、ネッツエンブレム付近の立体の押し出し感を強調し、左右に張り出したバンパーが踏ん張り感を表現しています。ヘッドランプにはプロジェクター式を採用、オプションとして1灯の光源でハイ&ロービームの切り替えが可能なBi-Beam(バイビーム)LEDヘッドランプを採用しました。

 

続いて、サイドからのデザインですexclamation

ダウンロード

リヤまで軸をしっかり通したラインで躍動感を表現。全長は+60㎜と少し現行型より伸び、3,945㎜。しかしながら取り回しの良さはこれまでと変わりません。タイヤ周りをご覧いただくと、ホイールデザインも一新されていることがわかります。

 

リヤデザインはいかがでしょうかexclamation and questioncarlineup_vitz_performance_top_pic_05_01

フロント同様、ワイド&ローのスタンスの良さを表し、特に特徴的なのがバックドアの内側まで伸ばした水平軸を強調したランプ。オプションの仕様では、ライン状に発行するLEDテールランプが採用され、先進的で印象的な後姿を演出しています。

ダウンロード (2)

これまで同様、ボディーカラーは多彩な全17色。限定カラー5色に加え、新規開発色のクリアブルークリスタルシャインが加わり、よりアクティブで鮮やかなカラーとなりましたハート

 

是非外装と合わせて、内装デザインにもご注目くださいひらめき

carlineup_vitz_interior_top_viewer_01_01

ブラックマイカ塗装の新採用や、インテリアはブラックに統一することで、より上質な印象に。

上級グレードでは、シートに『バレルブラウン』の新規開発色を追加。地厚感のある起毛ニットで質感を高め、モダンで上質な、遊び心のある空間に。carlineup_vitz_interior_top_viewer_01_02

更に女性に人気なJewela(ジュエラ)グレードでは、深みのある『マルサラ』を新設定しました。carlineup_vitz_interior_top_viewer_01_06

 

そして2つ目、待望の「ハイブリッドの設定」carlineup_vitz_performance_top_pic_01_01

コンパクトカーに求められるのは、どこでも気軽に走れる取り回しの良さや、お手頃な価格、豊富なカラーや使いやすいラゲージなど様々ありますよね。その他に皆様は何を重要視されますかexclamation and questioncarlineup_vitz_interior_space_pic_01_01

 

実は、今の時代に大きく求められるもう1つの要素が、「燃費の良さ」

「ヴィッツハイブリッド」は、その市場の中に送り出された新たな選択肢です。

 

これまでも勿論、燃費が良いイメージをお持ちだったかと思います。アイドリングストップ機能の搭載も、今や珍しくはないですよね。今回のハイブリッドは、皆様ご存知の圧倒的低燃費で有名なハイブリッドカー「アクア」から更に燃費性を高めたシステムを搭載し、燃費は34.4km/Lを実現どんっ (衝撃)

他のコンパクトカーの中でも、クラストップレベルの低燃費です右斜め上

心配される室内の広さも、小型のシステムのため、ガソリン車と変わりありません。carlineup_vitz_interior_space_pic_03_01

 

ボディーカラーの豊富さ、コンパクトなボディ、ゆとりの室内、使いやすいラゲージとこれまでのヴィッツの良さは勿論引き継いでおりますが、その質を一層高め、更にハイブリッドの良さを合わせ持つ。それが新型ヴィッツです。

 

最後に安全装備からもご紹介します鉛筆

今やどの車にも重要視される「安全性能」。何かと不遇な事故の多い昨今には、不可欠になっていないでしょうかexclamation and questionトヨタの予防安全システム「Toyota Safety Sense C(トヨタ セーフティーセンス シー)」も採用。(カメラ位置指し示し)予防安全性能評価において最高ランクを獲得している選考安全車として認定される、安心安全な装備です。carlineup_vitz_performance_safety_pic_01_01 carlineup_vitz_performance_safety_pic_02_01 carlineup_vitz_performance_safety_pic_03_01

 

優れた走り、上質で大胆なデザイン、安全装備も搭載されたトヨタの新しいハイブリッドコンパクト「Newヴィッツ」。更なる進化を遂げたヴィッツを、是非ノヴェルのお店でご覧くださいdouble exclamationcarlineup_vitz_exterior_top_pic_08_0416105550_1493106627396044_3300200565536403114_n15965091_1492163557490351_8347573479661926152_n